景品の予算

予算結婚式の二次会の景品にかける予算。それは新郎新婦にとって大きな悩みのタネになることもあるようです。予算をかければかけるほど良い景品を用意できることは確かですが、お金に限りがあるという現実もあります。一体、結婚式の二次会の景品にはどの程度の予算をかけるべきなのでしょうか。

一般的に、結婚式の二次会の景品代はゲストの参加費に含まれています。そのため、ゲスト1人当たり1000円〜1500円あたりが相場となるようです。そして、この金額にゲストの人数をかけたものが二次会の景品の予算となります。仮に40名が参加する二次会であったら40000円から 60000円あたりといったところでしょう。この辺りは新郎新婦と幹事がよく話し合い、納得して決めた方が良さそうです。後々話がこじれないようにしっかりと決めて置きましょう。景品の数も、最低でもゲストの数の半分は行き渡るように用意しましょう。そのために小さなお菓子などを用意しておくのも1つの手段かもしれません。

結婚式の二次会の予算は、ゲストの参加料から捻出することが一般的です。そのため、ゲストの数によって予算は変動します。どのように予算を組み立てるかをしっかり話し合って決めましょう。また、景品が少なくならないことにも気を配りましょう。

二次会代行サービス

結婚式の二次会の幹事というのは、頼まれる方ももちろんですが、頼む方も気を使うポイントです。このような心理的、肉体的負担を軽減させるにはどのような方法があるのでしょうか。結婚式の二次会の幹事について説明させていただきます。

二次会なかなか面倒な作業が多い結婚式の二次会。これを代行してくれるサービスがあるということをご存知でしょうか。二次会代行サービスはクオリティの高い二次会を提供してくれるものです。業者に頼むというのは何だか味気ないという考えがある人もいるかもしれませんが、新郎新婦もゲストも二次会を純粋に楽しむためには、プロの代行業者に一括するのが1番だと言う声も聞かれます。慣れない二次会の段取りを行うことになる友人に頼むよりも、日頃仕事として行なっている代行業者に任せることによって、細かなミスも軽減されると聞きます。さらに、値段も友人に支払う金額とさほど変わらないところもあるようです。

プロの代行業者にお任せする結婚式の二次会の形が注目を集めているようです。参加者全員がパーティーを楽しめるためにプロがセッティングしてくれるため、気兼ねなく人生最良の日を楽しめるという意見も上がっている代行サービスに注目が集まります。

盛り上がる景品

結婚式の二次会で喜ばれる景品とはどのようなものなのでしょうか。二次会のゲームの景品には、参加者の関心が高まるものです。出来れば盛り上がるような景品を用意して、祝ってくれる人々への感謝の気持ちを表したいものです。では、その景品について知っていきましょう。

二次会景品
画像出典元 ‘MYROOM / 二次会景品ショップ

まず、1番人気となるのは有名なテーマパークのチケットです。結婚式といえばお馴染みといった形の景品となっている面もあるので、ありきたりという意見もありますが、定番景品であるがゆえに外れるということもありません。安心安定の景品と言えるでしょう。老若男女、誰が当たっても喜ばれる鉄板アイテムです。しかし、これでは面白くないという人の間で今注目されているのが体験型プレゼントです。これは、クルージング付きのディナーやエステ、マッサージ、ゴルフや陶芸といった色々な体験をプレゼントするものです。自分でお金は出したくないけど、興味はあるという人が多いようなことに着目して用意すれば、そのセンスの良さもアピールできることでしょう。

二次会の景品には有名テーマパークのチケットがおすすめです。それ以外には体験型のギフトの人気が高まっていると言います。自分の色を出したいという人には良いのかもしれません。

二次会の景品について

現在、多様化した結婚の形ですが、新郎新婦が心の底から楽しめる場所といったら二次会というのは主流だそうです。確かに、相手の親や親戚が居る披露宴よりも、気心の知れた友達が参加している二次会の方が楽しめるという考え方が多いこともうなずけます。では、そのようなときに必要となる二次会の景品について詳しく知っておきましょう。

テーマパークまず、景品の種類についてですが、必ず外さない定番アイテムは有名なテーマパークのチケットでしょう。これはどんな人にも喜ばれるうえに、「結婚式の二次会といえば、これ!」というような安心感すらあります。これとは別に自分たちの色を出したいというのであれば体験ギフトなどがオススメです。お金を払わずに貴重な体験ができるという体験型ギフトは今注目を集めているようです。また、結婚式の予算についてですが、参加者の参加費から予算を組立てることが一般的です。そのため、参加者の数によって予算は変動することでしょう。このことについては、新郎新婦と幹事が話し合う必要がありそうです。このようなやりとりが面倒だという人は、いっそ二次会代行業者に頼むのも良いかもしれません。二次会代行業者のプロならではのテキパキとした段取りで進むパーティーは、参加者全員が気兼ねなく楽しむことが出来るため、人気が高いと聞きます。

結婚式の二次会について悩んでいる人のための記事を書かせていただきました。人生の晴れ舞台である結婚式を盛り上げる手助けになれば幸いです。